Various News
See you here again
時事

コロナに感染しホテルへ収容「外に出られず差し入れもNG」何を持ち込むかはかなり重要…ホテル代はどうなるの??

コロナウイルス罹患のため、ホテルに隔離されているとTwitterでの投稿が話題となっています。

体験記としてホテルでの暮らしをツイートしているので、万が一感染した場合の知識にもなりそうです。ツイートをまとめました。

ツイートし始めた頃の症状

今の主な症状は、
嗅覚障害、味覚はある、強い倦怠感、疲れやすさ、微熱37℃位、軽い頭痛。

隔離状態のホテルですが、ほんとに外に出られません。
窓の外にはローソンや蕎麦屋が見えるのに行くことができない買ってきてもらうこともできないのが、本当に辛い。

ホテルに持ち込むものはかなり重要!

最初に何を持ち込むかはかなり重大です。しかも、備品が何があるかは其処此処によって変わるのでまたタチが悪い。

ホテルの近くに住んでる友達が顔見に来てくれた!といっても差し入れはもちろんのこと部屋から出ることもできません。
ホテルの部屋と外のお店の前で電話しながらホテルの電気をつけたり消したりして居場所を知らせてって感じだけど・・・なんか世間と隔離されてるからほんと精神的に救われた。

感染者がすごい勢いでホテルに収容されてくる

すごい勢いで収容されてる人が増えてる実感ある。

基本的に昼に連れられてくるから、収容されて最初のご飯は夕飯。
今日の朝のお弁当配給、このコンテナ3つ分のお弁当だったのに夜は5つだった。一気に2つ増えるのはなかなかすごい。

ホテル療養をする時に準備した方がいいもの

今後これを見る、これからホテル療養の人のために。

持ってきたほうがいいもの

・枕 ホテルの枕で1週間は辛い

・寝間着 適当なものでもいいから気持ち切り替えるのにあったほうがいい

・スリッパ 毎回靴履くの面倒

・上着なんかは厚いのと薄いのと1.2着あればいい(お洒落なんて気にしない)

・スティックミルクティー(甘いものを摂取することがなくなるので気分転換になる)

・野菜スープ(お弁当に野菜がつかないのがほんと辛い…野菜分はなんとか補って)

・お好みでコーヒー

・個包装のチョコ(匂いチェッカーになるし、糖分補充にもなる)

・Wi-Fiルーター(特に第3波の今は備え付けのWi-Fi重過ぎて使い物にならない可能性有)

・fire TV(テレビから流れるのがコロナのニュースばかりなのほんとメンタルやられるから違うもの流しとこう)

・スマートスピーカー(タイマーにもアラームにもなるからあったほうがいい、ラジオ流しとくだけで違う)

・シャンプー (備え付けのシャンプーあるけどこれで1週間は頭皮が死ぬ、使い慣れたの絶対必要)

・ナイロンタオル(体ゴシゴシ洗うの気分転換になる)

・液体洗剤(洗い物は自分でやるから、小さいの必要、でも洗うのなんて男の場合はシャツとパンツくらいだから、わざわざピンチ持ち込む必要はない)

・歯磨き粉(いつも使ってるの持ってくると、臭覚確認になる)

・鼻うがいキット(これも臭覚確認になるのと、鼻の奥の鼻水出せると楽になる)

逆にいらなかったもの

・必要以上の服(部屋からほぼ出ないんだから最低限で大丈夫!)

・必要以上のカップラーメン(そんなカップラーメン食べないわ!多くても4.5個でいい)

・スプーンフォーク箸(必要な場合はお弁当についてくるので一度も使わなかった)

・マグカップ(備え付けがあった)

積みゲー崩そうとSwitch持ち込んでたんだけど、コロナの後遺症の疲れやすい発動してゲーム全然出来なかった 本なんかも読むのきついかも

あったらよかったもの

・ふりかけ(お弁当の味に飽きるので変化をつけるために)

・野菜ジュース(これマスト!野菜分をなんとしてでも摂取して!)

・小分けのお菓子色々(気分転換のためにも、色々なお菓子を持ってくるのがいい!ナッツおすすめ)

ホテルにいる間の食事

お弁当はこんな感じでハイカロリーで黄金色なものが多かったので、特に療養序盤は重くて結構辛かったです。

ホテルへは民間救急車で、帰りは近くの駅まで

ホテルへの行きは、自分の場合は民間の救急車に乗っていきました。
ただ、他の人を見てると特別なタクシーが来た人もいるので要確認。
また、運転手さんや案内してくれる人は防護服を着てるので、近所の目が気になる人は少し別の場所で乗るようにしてもらうことも可能でした。

行きはタクシーなので多少荷物多くても問題ないです。
ただし、帰りは近くの駅まで車で送られ、その後は自力で帰らないといけないのであまり荷物が多いと帰り大変かも。

ホテルでの宿泊費・お弁当代は無償になります。その点は安心してください。

まとめ

滞在するホテルによっても用意されているものは違うようですが、感染者数も日々増えているニュースを見て、人ごとではないです。万が一感染してしまったら完全に部屋で隔離される状態なので情報は大事ですね。

引用元:togetter