Various News
See you here again
時事

赤ちゃんは段ボール箱に寝かせたほうが良い3つの理由がある

フィンランドでは赤ちゃんは段ボール箱の中で眠るそうです。

フィンランド政府は、育児サポートとして80年以上にわたり、赤ちゃんを迎える家庭に2つの選択肢から選べるプレゼントを送っています。
ひとつは育児給付金、もうひとつは「ベビーボックス」と呼ばれる段ボール箱。
フィンランドで育児給付金を選ぶ家庭はわずか5%。95%の家庭がベビーボックスを受け取っているようです。

プレゼントされる箱の中身は、衣服、よだれかけ、おむつ、タオルなど、育児スタートにあたって必要なあらゆるアイテム。最近では、女性は授乳中に妊娠しないという神話に反論するために、コンドームがアイテムに加わったそうです。
そして、箱にはマットレスが敷いてあり、すぐにベビーベッドになるので、箱そのものが親たちにとってありがたい贈り物なのです。

つまり、フィンランドの家庭では赤ちゃんは段ボールの中で寝ているということ。なぜ段ボール箱がこんなに人気なのか、それには理由があります。

1. とにかく安い!

ベビーベッドや揺りかごはとても高価です。しかも短期間しか使用せず、すぐに置き場所に困ることになってしまいます。シンプルな箱は非常に安価、そして、ほとんど場所をとらないので、小さな寝室にもぴったり。不要になってからも処分に困ることはありません。

2. 持ち運べて便利

ベビーボックスは、軽くて丈夫。バスルーム、キッチン、リビングルームなど、家中のどこにでも持ち運ぶことができます。夜の授乳で疲れてしまい、赤ちゃんを遠くのベビーベッドに戻すことができず、結局、添い寝というのはよくあること。そんなときに、気づかないうちに赤ちゃんを窒息させてしまう事故も起きています。
このベビーボックスならコンパクトサイズで両親のベッドの横に置くことができ、赤ちゃんは安全です。

3. 乳児の突然死のリスクが低い

段ボールベッドは、フィンランドの乳児死亡率の低下に貢献したと言われています。フィンランドがベビーボックス配布を始めた1938年から、乳児死亡率は出生1,000人あたり65人から1.7人(2018年)と劇的に低下しています。これは世界で最も低い数字です。

Baby Boxes begin

子どもの突然死を防ぐために、寝る場所は最も重要な要素です。ベビーボックスは、すきま風から身を守り、呼吸を妨げる枕やモノがなく、熱が蓄積せず、涼しく快適です。そして箱の側面はしっかりとした壁なので、赤ちゃんが横向きになっても、口と鼻から十分に空気を吸い込むことが可能です。

乳幼児突然死の予防のために

・呼吸を妨げず、熱の蓄積を避けるために、枕、柔らかい寝具、ぬいぐるみは置かない
・マットレスはできるだけ硬いものを使う
・毛布というより寝袋のようなものを使う
・睡眠に最適な室温は16°C〜18°C
・帽子やフードはかぶせない
・赤ちゃんを乗せたチャイルドシートのベルトを外したままにしない
・寝室は禁煙

フィンランドのベビーボックスは、フィンランドに住む妊婦であれば誰もが平等に受け取ることができます。
これは、この制度がすべての子どもに同じスタートの機会を提供することを目的としているためです。また、ベビーボックスを受け取るには、政府に妊娠の登録をする必要があるため、母親に出産前検診を促すことも意図しています。

最近では米国、カナダ、メキシコなど世界各地でベビーボックス制度を導入する自治体が増えています。
また、2012年にはスウェーデンのビクトリア王妃が、2013年には英国王室のキャサリン妃が出産に際してフィンランドからベビーボックスを受け取ったことも話題になりました。

赤ちゃんを箱の中に寝かせるというと少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、シンプルであることと実用性、安全を兼ね備えた素晴らしいアイデアですね。
フィンランドのベビーボックスは日本国内でも流通しはじめているようです。私も出産のお祝いとしてプレゼントリストに入れておこうと思います。

引用元:イミシン